画像の説明

画像の説明


画像の説明


画像の説明

メールアドレス(必須)


梅津久和

FROM:梅津久和(コンテンツプロデューサー)

唐突な質問ですが、

あなたは、「身ベルト」ってご存知ですか?

大抵の人は知っていると思いますが、

「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」に変身できてしまうアレのことです。

やっぱ子供っていいですよね、

いつでも「自分が大好きなーロー」に変身できてしまうのですから。

そりゃね、楽しいに決まってます。

もし、オレたち大人だって「りたい自分」に変身できるベルトがあったなら、

人生はかなり楽しく、いいモノになるはずです。

そう、思いませんか?
...
...
...

でもまぁ、残念ながら大人の世界には、

そんなに都合の良いモノはないわけですが、

やっぱ「身願望」は誰にだって残っているものです。


だって、そうですよね。

みんな言ってます。

例えば、、、

と。


ね、「変わりたい」=「変身したい」ってことです。

他にも例を上げればキリがないくらい人間は悩みを抱えてます。

人の体の60%は「」でできてるとか言ってる人がいるけど、

オレに言わせれば、人の体の99%は「悩み」でできてんの。


で、何が言いたいか?

これが「ジネス」になるんだってことです。

つまり、

あなたは今、「げない人」かもしれないけど、

過去になんらかの自分の「悩みを決」したことがあるなら、

多くの収入を手にすることができるわけです。

もしかしたら、自分では「悩み」「問題」とも思わず、

いつの間にか解決してしまっていることもあるかもしれませんし、

逆に「意」なことだってあるかもしれません。


どちらにしてもこれに気が付けた人は、

間違いなくってます。

なぜなら、それが自分が持っている「値」だからです。

でもね、人間は「分が持ってる価値」を

過小評価する悪いクセがあるので、

り方」を知らなかったら、

本当の自分の価値に気付くのは難しいはずなんです。

そう思っちゃうわけです。

ただ、だからこそオレは、

あなたを勝たせることができると思ってます。


だって、「も価値のない人間なんていない」

と今のところ信じてるんで。

オレがそれを「き出す」ことができます。

例えば、

僕は今貧乏だけど、昔はめっちゃナンパが得意だったぜ!

なんて人がいたとしたら、イケてるコンテンツビジネスができますよ。

「ナンパ必勝法」とか、そんな腐な情報商材ではなく、

たった1分で初対面の人と仲良くなれてしまうコミュニケーション術

とか、「ずかしくないコンテンツ」に転換することができますよね。
(家族にすら言えないような恥ずかしい商材を売っている輩が山盛りいる中で)


もし、こんなのがあったら、

テレ屋でコミュニケーション下手なオレなら、

スグにしくなるし、もしかしたらあなたの生徒にもなるかもしれません。


この意味分かりますか?


あなたは、

コミュニケーションを教えて、「人を変身させる」。

そして、

稼げなかった自分を、「稼げる分に変身させる」ことができるんです。

こうやって、

「他人と自分の方を変身」させていくのが、

コンテンツビジネスです。

つまり、コンテンツビジネスこそ、

人の変身ベルト」、

なんです。

ここまでを読んで、

としか考えることができない、「考レベル1」の人は、

ここでページを閉じてくれていいです。
思考レベル1とは:過去の思い込みから脱することができない思考段階のこと)

しかし、

と、少しでも考えることができる、思考レベル以上の方は、

あと13分程だけオレに付き合って下さい。


もっと、「興味深い話」をしていきますので。

そして、「大人の変身ベルト」の

密」を明かしていきますから。

梅津久和


読み進めてくれて、ありがとうございます。

ここからが本題です。


画像の説明

あなたも一度くらいは思ったことはないですか?

「こんなに多くのノウハウがあるのに、そしてこんなにノウハウが売れているのに、、、

でもなぜ功している人はごく数なのか?」

と。


何か変だと感じませんか?

何か可笑しいと思いませんか??


だって、

「このノウハウを私と同じようにやれば、月100万円は勝です。」

って、結構デカい声で言ってますよね。みんな・・・。

それなら、もっと裕福になれる人が増えてもいいはずです。

もっと金持ちで、もっと楽しそうにしてる人が、

ガンガン量産されていてもいいように思います。


でも、そのノウハウを買って手に入れても、ほ・と・ん・どの人は、

稼げるようにはなりません。

マジで、カつくくらい稼げないんですよ。


でもね、実はこれは別に不思議なことでもないし、

むしろ「たり前」のことなんです。

例えば、少し前よく売れていたノウハウに、

どり」と言うものがあります。(今もある?転売系とかも同じね。)

「せどり」とは、ブックオフとかで古本や中古ゲームを仕入れ、

それをアマゾンで転売し、差額を得ていくというモノです。



イメージできますか?

スゲェー簡単そうですよね。

...
...
...

そう、簡単なんです。



だから、「誰でもできる」「初心者でもできる」「バカでも稼げる」

現性100%」などと言う謳い文句でノウハウが売れているわけですが、、、、


よくよく考えてみて下さい。

たかが1件数百円〜数千円の差額を手にするような方法で

月に数十万、数百万円稼ごうと思ったら、

どれほどの労働か、と。


いいですか?

ここで大事なことは、

「せどりが悪い」「重労働が悪い」ってことではありません。


別にいいんですよ。きでやってんなら。

でも、多くの人は好きでやってないわけです。

そりゃそうですよね。

「せどり」なんてビジネスに「使命」も「熱」もクソもないんですから。

ただ、講師に「これがかるやり方だからヤレ!」と言われ、

「まぁ、簡単に稼げそうだから、、、」と、

安易な気持ちで始めただけなので、結局続けることさえできません。

毎日、ブックオフをはしごしながら、転売商品を探し歩き、

部屋の中は、売れるかどうかも分からない在庫でいっぱい。

そんな生活です。そりゃ、普通はになるよ。

もし、「僕は、せどらーに憧れてるんだ!」

みたいな人がいたら別ですけど、

ほとんどの人はうはずです。


そもそも、ケてないですよね。

友達に言えますか?

「オレ、せどりやってんだ」って。

子供に言えますか?

「パパは、せどらーなんだぜ」って。


何が言いたいのか?

それは、どうせビジネスやんなら、

「イケてる」こと、そして「情熱」や「使命」を持ってやれること、

そう言うのやろうぜ、ってことです。

そうしないと対に成功なんてできないから。


どんなビジネスやっても、

倒くさいこと、煩わしいこと、疲れること、苦手なこと、

とかやっぱあるんですよ。

ぶっちゃけ、問題も起こるし、上手くいかないこともあるし、

敗もあるわけ。


でも、

「オレがこれをやらなきゃ、誰がやるんだ!」

と言う使命感、そして、

「絶対にこの人をえてあげたい、絶対にこの人たちを功させたい!」

そんな情熱が持てるビジネスをやってれば、

全部乗り越えられるし、けられるんです。


問題なんて問題じゃなくなるし、

痛なんて痛くもない痒くもなくなるんです。


チベーションが続かないんです」

とかよく聞く言葉ですけど、

そんなこと言ってるうちは、まぁ無理。


それは、本当に自分がるべきことをやってないからです。

ただ、それだけ。

・・・

・・・

だ・か・ら、↓↓↓


画像の説明

てことです。

いい加減、気が付いて欲しいって、

本気で思うんですが、

味期限が切れたノウハウで稼げるわけがないんです。


ご存知の通り賞味期限とは、

「美味しく食べれる期限」のことです。

つまり、「食べれなくはないけどもう美味しくない」、

そんなノウハウが出回りすぎってことです。

下手すると、消期限切れのノウハウまで普通に売られてますからね。

要するに、販売者は自分がそのビジネスで稼げなくなったり、

打ちしてきたら、ノウハウ化して販売してるわけです。


「せどり」なんて、まさに賞味期限切れのノウハウです。

これだけ多くの人がやったら、

完全に要と供給のバランスがぐちゃぐちゃに

なるのは目に見えてたんですよ。


もちろん、「せどり」に限らずの話です。

「これをやればかるよ」的なノウハウは大抵そうだと

思っていいです。


もう味がないわけ。

そんなビジネスをやっても、

多少のお遣いは稼げるようになるかもしれないけど、

本当に「自分が成りたい自分に変身」することは、

絶対にできません。


当たり前のことですが、

そんな一過性のノウハウで人生変えれるわけないじゃん!


だから、もう無駄なノウハウにおを使ってもしょうがないわけで、

早くそれに気が付いて欲しいと思ってます。


そして、、、


画像の説明

それでもあなたは、なんだかんだ頑張ってると思うんです。

寝る暇削って力を続けている人もいるでしょう。

しかし、半分ったビジネスを頑張ったところで、

望んでいる結果をられるはずがありません。


なのに、結果が出ないのは、

自分がいんだと自己嫌悪に陥っている人がいます。

自分には才能がないのか。

何でスグに挫折してしまうんだろう。

そんなふうに、信を無くしてしまう人が多くいますが、

それは全く勘違いです。思い込みです。

結果が出ないのは、あなたが行動しないからだ

と情報販売者やセミナー講師は言うかもしれません。

でもね、本当は違うんです。


だから、結果が出せないだけなんです。

いつの間にか、あなたは輩に自信をわれてしまっているだけです。

結果が出ないのは、あなたが悪いわけではなく、

ソコンテンツを出してるヤツらのせいなんですよ。

とは言え、そんな変なヤツらのせいにしていても

実を変えていくことはできないし、

「自信」がないのは話になりません。

信なくしてビジネスを成功させたり、

他人に価値を提供することなんてできないからです。


つまり、「自信を持って価値交換できる人

にならなければいけないってことです。

だから、われた自信は取り戻す必要があります。


画像の説明

あなたもスグに分かることになりますが、

報コンテンツを売るのは、そんなに難しいことではありません。

むしろ単だと言ってもいいかもしれません。


あなたが今イメージしているより、

ずっと難易度はいんです。

だから、ぶっちゃけ儲けている人も多いのです。


しかし、それをいいことに、

「オレは1売った」「1ヶ月でいくら稼いだ」とか、

そんな自話ばかりをしている講師が後を絶たちません。


分かりますか?

重要なことは、「いくら売ったか」ではなく、

どれだけの人を「えてきたか」ってことですよね。


違いますか?

さっきも言いましたが、売るのは簡単なんですよ。

しかも、賞味期限切れのノウハウを売って儲けることなんて、

本当にバいくらい楽勝なんです。


つまり、この業界の輩たちは、

変身できない変身ベルト」を売って、

自分だけけてたりするんです。


それはさすがに、ヤバいでしょ!

とオレは思うんですが、あなたもそう思いませんか?

もちろん、オレも儲けることは好きだし、

儲けている人たちがいヤツだと言っているのでは

ありません。

ビジネスやってんだから、売上にこだわるのも

重要なこと。


でも、そうじゃなくて、

人を変えるコンテンツ」として売っておきながら、

人を変えるだけのワーがないコンテンツを

売してることがオカしいってこと。


ヒドいヤツだと、自分のノウハウで

稼げるようになるヤツなんていない

と言いながら売ってる人もいるんですよ。

これでは、欺師だと言われてもしょうがないわけです。


少し考えれば分かることですが、

「売りげ」してるような人から学んでも、

絶対に人生は変わらない。


「人を変える」コンテンツを持ってる人から

ばないと意味がないんです。


オレがあるセミナーで出会ったネット起業家が、

情報弱者をどれだけ集めて売上を上げるかが勝負だ

と言ってました。


ッ、カーン」ですよ。


情報弱者とは、簡単に言えばが見抜けない人たちのことです。

仕掛ける側の意図が分かってないから、

とても「り込み」を掛けやすい人たちなんですね。


そう言う人に、適当なこと言って、

「売り込みり」を開催し、それなりの売上を作って、

「オレはゲェーだろ!」

と自慢してるわけです。


繰り返しておきますが、

あなたも成功したい、人生を変えたいと思ってんなら、

こういうヤツらから「変身できない変身ベルト」をおうとするのは、

今日限り止めまておきましょう。

そんなお金があるなら、ビジネスをち上げる時のために

大切に置いてといて下さい。

「いざ負!」って時に、玉がないのは困るから。


でね、ある意味こう言う輩も哀想な人たちなんですよ。

なぜなら、本当の「快楽」を知らないんですから。


画像の説明

オレは、コンテンツビジネスをかなり気に入ってます。

なぜなら、

強の「ビジネスモデル」だと思ってるからですね。



最強である理由は、

と、サクッと上げるだけでも、

自分を成功させる件はかなり揃っていると思いますし、

失敗する確率がかなり低いビジネスだと言えます。


しかし、オレが気に入っている理由はこれだけではありません。

もう一つ要なポイントがあります。


それは、人を成功させることができる、

変わりたい人を変えてあげることができる、

ってことです。


そして、それと同時に、

自分自身も化し成長していける。

そんなビジネスなんです。


もしかしたら、ンッと来ない人もいるかもしれませんが、

これはめちゃめちゃ重要なことなんですよ。


例えば、あなただって、

後輩や部下、友達など身近な人に何かをえてあげたり、

アドバイスをしてあげたことが一度くらいはあると思うのですが、

その言によって、相手が問題解決できた、成長できた、

と言ってくれた時、スゴくしい気分になったことはありませんか?


人は誰でも、「献欲」というモノを持っています。

もちろん、物欲、性欲、食欲、金銭欲など、

どちらかと言うと、独りよがりな望も誰だって持っています。


オレも、まだまだ欲しい物もあるし、

もっとテたいと思っているし、

行ったことがないレストランで飯も喰いたいし、

自分の収入にももっとチャレンジしたいと思ってる。


でもね、やっぱ人に「ありがとう」「助かりました」「嬉しいです」

とか言われたときは、また違ったものがたされるんです。


つまり、貢献することで、

自分の在をリアルに確認できるってことなんです。


人は、自分の存在価値を見いがちになります。

「私なんていなくてもいいんじゃないか?」

「自分はなんの役にも立ってないんじゃないか?」

と。


でもね、絶対にそんなことないから。

必ず、あなたの存在を要としている人がいます。


あなたの経験や知識、スキルを必要としている人が、

世の中には、かなりのいるんです。


その人たちに、自分の存在を知ってもらい、

全力で価値を供していく。

そして、必要とされる人になり、感謝され、

や仲間と一緒にお互いを高め合っていくのが、

コンテンツビジネスなんです。


そりゃね、楽しいよ。

やりたいことやって、金もらって、謝してもらって、

自己重要感も高まっていくんですから。


本当に「楽」としか言いようがないわけです。


ただし、「売り逃げ」しているような人たちは、

所詮、自分の欲望をを満たしているベルに過ぎないわけですから、

この域には到達できません。


画像の説明

そろそろ、あなたも本気で変身してみる気はないですか?

て、言うか「あるっ!」ってことだよね。

あなたがこのページにたどり着いたと言うことは、

何かしら、今の人生に自由を感じているからなはず。


もっと稼ぎたい、もっとやりがいのある仕事がしたい、

もっと自由な時間が欲しい、もうウザいヤツに頭を下げるのはだ、

毎日満員電車に乗ってもみくちゃにされるのも嫌、

お小遣い3万円とかソ、早く借金を返して楽になりたい、

近場の温泉旅行じゃなくて海外旅行に行きたい、、、、、とかね。


マジで、「我慢、我慢、我慢、、、」の毎日じゃないですか。

本当、「部クソ!」なわけ。

でも、これはある意味しょうがないんですよ。

オレたちは子供のころから、「慢」することを教えられて来た。

「我慢できる子がい」とね。


そうやって、「我慢の才教育」受け、

我慢強い人になったんです。

だから、他人の会社のために自分を牲にすることも楽勝だし、

自分の時間がない、自分のお小遣いが少ない、

そんなの勝で我慢できるわけです。

ハッキリ言って、我慢してることすら忘れてるレベルです。


で、いつの間にか、「代わり映えしない毎日」「退屈な毎日」

を過ごし、気が付いたら「平な人生」になっちまってる。

でもさ、ちょっと想像して欲しいのですが、

この「我慢」がぬまで続くと思うと、

いくら我慢強いオレたちでも、ちょっとビビるよね。

さすがに、ッとしないか???


ここで少しだけ打ち明けておきますけど、

オレはゾッとしたぜ!(笑)。

タレだと思われるのは嫌だけど、

ぶっちゃけビビった。


画像の説明

ただ、「人の常識」に縛られてた頃は、

そんなことに疑問すら持てていなかったんです。

休みもなく、長時間労働することもそれほど苦じゃなかったし、

むしろそんな姿が「しい」とさえ潜在的に思ってたと思います。


そして、それが来に繋がる。

20歳のころから独立願望が強かったオレは、

頑張ってさえいれば、独立して金持ちになれる

と本気で思ってたわけです。

だから、「」を犠牲にして「将来」のために

生きてたわけ。

マジで頑張ってたから、オレ。


ちなみに、オレは飲食業界でそうやってもがいて来ました。

親が飲食店を経営していたことがきっかけです。

儲かってなかった親の店をオレがけてあげたい、

金持ちになって親をさせてあげたい。

だから、オレは飲食業界に飛び込み、

親のため、親の期待に応えるために頑張りました。

本当に我ながら美しい姿です。

親想いの良い息子です。


...
...
...



分かりますか??

この感じ。このサい感じが。

完全に「クソ凡人マインド」でしょ。

凡人の常識に縛られた典型的な兵隊マインドで装した

普通で平凡すぎる人間です。


だから、オレは「しいストーリー」を生きることにしたんです。


画像の説明

結局、オレが独立できたのは32歳の時です。

今は36歳ですから、約4年前ですね。

20歳で独立したいと思ってから、

12年が経ってやっと長になれました。


12年間のうち、10年間は本当にがむしゃらに

やってたと思います。
 
でも、ふと気が付いたんです。

何も現実が変わっていない」と。



そして、それと同時に、

「オレの成功へのアプローチはか間違っている??」

のかと疑問を持ちました。


もちろん、頑張って来たことで、

それなりの価も受けてました。

いろんな会社の社長やコンサルの先生に声を

掛けてもらえるようにもなってたし、

員待遇で誘ってくれる会社も結構ありました。

いつの日か、「最強の番手」なんて言われるようにもなったりもして、

とても重宝される存在だったと思います。


でもね、ある意味「便利に使われていた

だけなんじゃないかと思うんです。

だって、完全に社長よりオレのほうが働いてる感じがしたし、

売上作ってんのもオレだったし、従業員の面倒見てたのもオレだったし。


結局10年頑張って来ても、

慢、我慢、我慢、、、」の連続。

10年経っても、根本は何も変わってないんだから、

マジで頭の中は問符だらけでしたね。

だから、かなり々としてましたよ。

でもその反面、「できるヤツ」扱いしてもらえていることにどこか足し、

そんなポジションに居心地の良ささえ感じてしまっている自分もいたりして。

まぁそれは今思えば、そこが唯一の落としどころだったんだと

思いますが。げてただけですね。

でもこうやって疑問を感じ始めたのは2つの理由があります。

1つ目は、オレがこうやってモタモタしている間に、

親の店が店することになったこと。

結局オレは親に何もできなかったし、間に合わなかったってことです。


この辺の話は長くなるので割愛しますが、

家族に何かあった時「何もできない」って結構いものです。

無力感と情けなさが同時に襲ってくる感じはなかなかのもんでしたよ。

でもそのことがあってから、このままじゃ「バい」ってことを

逃げずに考えれるようになりました。


そして2つ目は、「能性」を見たからです。

オレはーケティングについては、結構勉強していたんです。

飲食業界で売上を作れる人間ってほぼいないんですよ。

どこの会社も売上がヤバいってことで、

「販会議」みたいなことは結構やるんですが、

誰もまともな売上の上げ方なんて知らないんですね。

でも、当然売上はめられるわけです。

求めている社長だってどうすればいいのか分かってないけど、

求めちゃう。そんな感じです。


だから誰も教えてくれないから、

自分でDRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)

を学んで、飲食業界で使ってたわけです。

そのころ、この業界でールスレターとか誰もやってなかったし、

ステップメール組んだり、返金保証つけたり、

そんな訳分かんないことするのもオレだけでしたね。


ネットの業界ではたり前のマーケティングも、

リアルではもやってなかったんです。(特に飲食業界では、、、)

ちょっと余談ですけどリアルの世界では、

メルマガの配信ができる人って皆無ですからね。


つまり、もしあなたがメルマガの配信くらいはできるよと言うなら、

それだけでンサルとかできるってことですから。

一応分かっておいて下さい。


実際僕は、後々独立してからのですが、

99,700円の「メールマーケティング」のプログラムを

店舗ビジネス経営者に24時間で300人以上に販売してましたからね。

とりあえずあなたにもできることは必ずあるってことを

知っておいて下さい。

で、話を戻して、そんなことをやっていたので、

ネットの業界やアメリカのマーケティングの報は

かなりチェックしてました。


だから、「コンテンツビジネス」(情報ビジネス)の存在は

知っていたし、その力に引かれそうになっていたんです。

スゲェー可能性を感じてましたね。

だって、一人でもできるし、原価もない売です。

儲からないわけがないんだから。


実際、オレより若い人たちが、コンテンツビジネスで成功して

稼ぎまくり、そして由に楽しそうにしてたわけですから、

そんな界があることを知ってしまったオレは、

そりゃ悶々としますよ。

「毎日、から晩までオレは走り回ってんのに、

なんでこいつら海外旅行してんだよ!」とね。


でも、そう言う可能性をリアルに見たことが、

オレの「行動イッチ」をオンにしたって感じでした。


画像の説明

そうやって、オレは可能性をじはじめたことで、

もう止まれなくなっていきました。

あなただってそうじゃないですか?


自分の可能性をどこかで感じてるはずです。

ここまで読み進めてるってことは、

そう言うこと。

もちろん、100%の信もないかもしれないし、

不安だってあると思う。

今はまだ、なんも見えてないかもしれない。

でもね、そんな自分をじて上げて欲しいわけ。


誰だって、絶対に何かしらの「値」を持ってるんですよ。

それはオレが保証する。100%だ。

それと、このビジネスの場合、

やったときの見返りもデカいよ!(笑)それも保証する。

だからやる価値あるんです。


こんな凡人のオレでも可能性を感じ、

それを信じてやったら、なんとかなったわけです。

だから「丈夫」って自信持って言える。

それから、一度コンテンツビジネスの魅力に取り付かれたら、

もうめることなんてできないんで、

だったらさっさとやったほうがいいんですよ。


オレも最初は、そんな感じの悶々としたところから

はじめたんです。

でもね、1つ重要なポイントがあります。

それは、今あなたが考えているその「ラン」では、

成功できない可能性が高いってこと。


実は、オレは重要な「密」を見つけたの。

上手くいってる人、成功している人、自由で楽しそうにしている人、

そう言う人たちと、「我慢」の連続の毎日を過ごしている

オレとの「い」ってヤツを。



今から、その話をしようと思います。


画像の説明

その「秘密」ってのは、ブレイクスルーした人はみんな、

Plan-A」をててるってことです。

「捨てる」と言うと少し不安に感じるニュアンスかもしれないけど、

つまり、自分が勝つべくして勝つ「Plan-B」を見つけてるんです。


...
...
...

意味不明。。。

って感じでしょうか。

大丈夫です。もちろん解説するんで安心して下さい。


いいですか?

今から、な話をしますからね。


大抵の「雄物語」ってのは、平凡な毎日からスタート

してるんです。

ハリウッド映画とかがまさにそう。

「ありふれた日常」→「非日常」→「新しい日常」


こんな感じでトーリーが展開していきます。

主人公のキャラクターは大抵の場合、

「普通の人」だったり、「メ人間」だったり、

そんなに「強くない」人だったりしますよね。

でも「何か持っている」。

例えば、何かの「才能」や「力」とかですね。

ただ、主人公は自分が持っている「その」に、

まだ気が付いていないことがほとんどです。

だから、普通に平凡な毎日をごしているわけです。


「今のあなたがこの状態」↑↑↑(ありふれた日常)


で、次は何かを「っかけ」に、

非日常」の世界にび込んでいくことになります。

事件に巻き込まれたり、

無理やり戦いに参加させられたり。

でも、その事件を解決することや戦いに勝つことに

やがて「使命」を感じるようになり、

次第に秘めていた「自分の力」を使うようになります。


その間にもちろん、ピンチもあるし問題も起こるけど、

一方で、「匠」に出会ったり、「仲間」や「同志」が

現れたりするのもこのタイミングです。

悟を決めた者には、応援者が現れるのです。

もう今までとは違う、もっとエキサイティングな

「非日常」の世界です。


いくつもの小さな壁を超え、

気が付いたら、いつの間にか進化・成長し、

くなっている自分がいます。

「ダメダメ」で「どうしようもなかった」、

そんな自分でも何とかここまで来れた。

もう、「信」を取り戻している状態です。(←本来の自分の姿)

ついに、「新しい日常」がはじまります。


語はクライマックスへ。

主人公は、「事件解決」や「ラスボス撃退」に向かいます。

もちろん、「ーローになるために」です。

今までのことが馬灯のように蘇ってきます。

支えてくれた家族、仲間、師匠のために、

そして新しい自分に「身」するためにも、

何が何でも「つ」ことを決意します。


あとは、もう分かりますよね。

解決できない事件なんてないし、

倒せないスボスなんていないんです。

英雄物語は、「ッピーエンド」って決まってるわけ。


つまり、主人公は無事に帰還し、「ーロー」となり、

新しい日常」を過ごします。

少し前の自分には考えられなかった世界がそこにはあります。

そして、つかの間の休息のあと、

また新しい(物語)がスタートするんです。
(さらに進化・成長するために次のステージに進む)

何が言いたいか?


画像の説明

きている」と言ってしまうと少し語弊が

ありますね。

正確には、全ての人に自分が人公の英雄物語を

生きていく利があるけど、

実際には一部の人しか物語をスタートさせていないと言うこと。


多くの人は、他人の英雄物語の「隊役」をしているような

モノです。しかも、キャラクター名さえ与えてもらえないような

不特定数のキャストの一人として。


だから、、、

「それじゃあ、つまらないにまってんだって!!」


もちろん、オレだって今でも他人の物語に参加させてもらってる。

これからも、できる限り多くの人の「雄物語」に

キャスティングしてもらいたいと思ってます。

なんだったら、あなたの物語にも、せめて名前のある

キャラクターで場させてもらえると嬉しい。


でもね、それと同時に、自分自身が主人公

ヤツもやってる。ちゃっかりやってるわけ。


要するに、まずは自分が、

主人公であることを「覚」すること。

そして、早く「ありふれた日常」から抜け出し、

非日常」の界に入って行かなければいけないのです。

そのあとは「ハッピーエンド」って決まってるストーリーを

展開していくだけなんだから

心して進んでいくだけ。


要するに重要なポイントは、現在のあなたが生きている、

「ありふれた日常」を断ち切ることなんです。


成功している人たちは、もれなくこれをやっている。

識してるかしてないかは別として、

みんな「Plan-A」から「Plan-B」にシフトしているんです。


でもオレはと言うと、「Plan-A」の中でもがいていただけ。

そりゃ、理だよね。

この違いを理解してなかったんだから。


さて、ここから大事!!

しっかり付いて来て下さい。


さっきのストーリー展開を思い出して欲しいのですが、

オレがやって来たように、

いくら「ありふれた日常」の中で張り続けても、

自分が理想とする「新しい日常」なんてやってこないわけです。

だから、繰り返すけど「ありふれた日常」をち切ること、

つまり「Plan-Aを捨てろ!」ってことなんです。


映画でもそうでしょ。

「Plan-A」が成功するストーリーなんてないわけ。

必ず、「Plan-A」と言う作戦が失敗にわり、

ヤバい!、ってなって「Plan-B」で功するんです。


これは、オレたちの人生も全く同じ。

だから、よく聞く話だと思いますが、

強烈な失敗」をした人のほうが、

く成功したりします。

例えば、大きな金を突然抱えることになってしまったり、

強烈なコンプレックスを持っていたり、

どうしようもなくが悪かったりと。

そう言う人は、半ば強引に「ラン変更」を強いられるよね。


完全に「Plan-A」が破綻している状態でしょ。

だから、どうにかしないといけないと本気で考えるから

「Plan-B」と言う作戦が見えるし、生きていくためには、

新しいストーリーをタートさせるしかないってことになる。

成功者にこう言うエピソードが多いのは、

そのためだとオレは思ってる。


そうやって、一部の人には必然に、「Plan-A」を捨てる

しかないような「っかけ」が訪れるかもしれない。


でもね、実際にはオレと同じように、

それなりに「Plan-A」のままでも生きてけちゃうような

通の人」の方が圧倒的に多いはずです。

誰もが、生きてけないほどの強烈な折や不幸を

経験するわけじゃないから。


もちろん、普通の人にも嫌な出来事は起こるし、

自由に感じることもあるし、毎日我慢の連続でもあるでしょう。

ただ、「生きていけないほどではない・・・」。

そんな感じの人のほうが絶対に大勢いる。

そうでしょ?

じゃ、「普通の人間には、Plan-Aを捨てるきっかけは訪れないのか?

と思うかもしれないけど、そうじゃない。


ただ、普通の人は「んとなく頑張ってる」感じだと、

いつまでも「ありふれた日常」を

生きていくことになってしまう。

現状持しちゃうわけ。

いつまで待っても「きっかけ」なんてやって来ないから、

われないままの人が多い。


だから、成功者の烈な成功ストーリーを聞かされても、

たしかに「ゴい」とは思うけど、

どことなく他人事のように聞こえちまう。



ネットのプロモーションとかでもよく見かけるでしょ。

幸話の自慢大会」やってんのか?と思わせるような

ビデオを公開したりして、

オレはこんなに大変だったんだよ」と表するヤツ。

ホント分かってない。

その辺の功者(ニセ者も含めて)なんて、

ぜんぜん凡人の苦しみを分かってないから。

凡人のことを「幸せ者」だと平気で言うんだ。

マジ、「ホ」だから。無視していいよ。

だ・か・ら、とりあえず「部クソでいい」って

オレは教えてる。


一時期、オレは本当に「自己産」でもしようかと

考えたことがある。

成功者達が語るように、オレにもそう言うエピソードが

必要なんじゃないかと悩んだ。

そうでもしないと「変われないんじゃないか」と。



...
...
...

でも違った。

もっと、「いやり方」があったんです。


画像の説明

そろそろ確信に迫っていきます。

ちょっと、オレ自身の話に戻しますが、

結局オレは、「Plan-B」が見えないから々としてたわけ。

「本当に自分がやるべきこと」、「本当に自分がやりたいこと」、

そう言うのが分かってなかったんです。


その頃、オレはまだ「コンテンツビジネス」と「飲食業」を

り離して考えているところがありました。

ネットで上手くやってる人たちのように、

「ネットビジネス系」や「投資系」のノウハウとか、

ダイエットなどの「美容系」のノウハウもってないし、

どうすればいいんだろう?と。


そして、一方で「まとまった金もない」から、

自分で飲食店を業することもできないし、

と行き詰まっている感じがあったんですね。


そんな時、転機が訪れました。

いつものように、ーケティング情報をチェックしていると、

メリカに「ローリー・ファット」と言う、

レストランマーケティングコーチがいることを知ったんです。


調べてみると彼は、メルマガを発行し、そして教材やプログラムの販売、

セミナーの開催、個別コーチング・コンサルなどを手がけ、

まさにアメリカのレストラン業界でンテンツビジネス

を展開して大躍していたんです。


オレはこれを知った時、全てが見えたと言う感じがしました。

つまり、オレも同じことを日本でやろうと。

ネットビジネス業界にいるセ情報起業家の

真似事をするんじゃなく。

自分は自分の強み」を生かして、

コンテンツビジネスができるんだとが付いたんです。

それまで、「コンテンツビジネス」と

「飲食業」を完全に切り離して

考えてしまっていたわけですが、

むしろ合するべきだったんです。


日本の飲食業界には、おじさんコンサルタントは沢山いました。

が、その多くは、机上の空論を振りかざし、

ジリに悩む経営者の弱みにつけ込み、

額なコンサルフィーをぼったくっていく、

まさに、ハゲタカのような存在だったんです。


だからこそ、「オレがやるべき」なんじゃないかと

心底思いました。

オレの親と同じように売上不振にしんでいる

店舗ビジネス経営者をけてあげたい。

さらに、その人たちが、実力のないハゲタカに

食い物にされていることも許せない。

そんなふうに、そこには「オレがやるべき」由が、

十分過ぎるほど揃っていたんです。


まさに、「Plan-B」が見えた間です。


もう、「ありふれた日常」で悶々としている場合じゃ

ありません。

勝手に使命感」にえて突き進みました。

何の躊躇もなく、「Plan-A」を捨てて、

「非日常の世界」に飛び込んでいくこと

ができました。


オレのような凡人の「Plan-A」は破綻しないことは

もう分かってくれていると思いますが、

だからこそ、自分自身を「き動かす」ほどの

「やりたいこと」「使命を感じること」

「怒りを感じること」「情熱をぶち込めること」、

そういうものが必要なんだってことです。

そうすれば、頑張っても上手くいかない

「Plan-A」なんて簡単にてれるモノなんです。

理に挫折や不幸を経験する必要はなく、

自分を突き動かすほどの「理由」が必要なんです。


そんな理由って、私にもあるんだろうか?

と思うかもしれないけど、そこは心して欲しい。

いい知らせがあります。


幸い、あなたがこれまで生きて来た

「Plan-A」の中に、ントがあるってこと。

そこには、あなたの「強み・弱み」、「悩み・問題

知識・経験」、「怒り」、「スキル、ノウハウ」など、

いろんなモノが詰まってるんです。


だから、今までのことが全て駄だったんじゃないんです。

あなたの過去にあなたの突破口があります。

そして、その中にコンテンツに「換」できるものが、

必ずあります。

つまり、ほとんどの人は、英雄物語の主人公と同じで、

自分の「本当の」に気が付いていないだけなのです。

それさえ見つけることができれば、

凡人でもつべくして勝てるってことです。


だから、あなたが持っている「本当の力」をき出し、

コンテンツに転換する方法をオレが教えます。


誰かのクリじゃなく、あなただけのコンテンツが

あなたの中にってます。

「自分がやれること」「自分がやるべきこと」

そう言うのがあなたにもあるんです。


「Plan-A」の人生とは、詮なんとなく作り上げられたものです。

育って来た環境や他者の影響を受け、

誰かが作ったレールに乗って進んで来たようなモノです。


でも、ここからは違う。

「Plan-B」を見つけることができれば、

あなたの人生は、「あなたがザイン」していくんです。


もう、遠慮しないでいいんです。

もう、好きなこと言っていいんです。

もう、好きなモノ買っていいんです。

もう、好きなところに住んでいいんです。


あなたが主人公なんだから、あなたのことはあなたが決めて、

そして「由自在」に人生を動かしていけばいいんです。


オレはオレ自身の経験の中から、

凡人が勝つための「Plan-B」を構築する方法

発見しました。

そして、それを誰でも使えるように「ソッド化」し、

さらに今回は、「ンプレート化」したんです。


あなたがやることは、その「テンプレート」を使って、

あなたが理想とする「新しい日常」に自分をく事です。


もちろん、このテンプレートは「ピペすればいい」、

というものではありません。

ネットの世界では、そんな腐なものが多く出回っていますが、

それは誰かの人生をコピペしているのと同じことです。

そうじゃなくて、あなたリジナルの「Plan-B」を構築する

ことができる「テンプレート」をお渡しします。


画像の説明

ネットが普及してくれて、本当に助かりました。

オレのような凡人でも言権を得たんです。

こうやって、好き勝手言って、好き勝手やれる。

本当に良い時代です。今は、「ャンス」だってことです。


少し昔なら、オレみたいな凡人は、

「Plan-A」のままの人生を過ごさないと

いけなかったかもしれません。


もちろん、チャンスがなかったわけではないでしょうが、

今の時代ほど成功率が高いわけではないと

思います。


だから、オレたちの親や先生、上司、先輩達は、

「非日常」に飛び込み、そして「新しい日常」に進んでいくことを

本能的に「険」なことと察知していて、

オレたちを「ありふれた日常」で過ごさせるための

えをして来たんだと思う。(現状に留まらせる)


ありふれた日常から飛び出すことは、とても危険なことだ」と、

オレたちをるためにアドバイスしてくれていたんです。

決してオレたちを苦しめようとそうしていたんじゃない。

でも、今時代が変わって、オレたちはその教えでは、

苦しく(生きグルしく)なっちまったわけ。


だって、そうでしょ。

昔は、まじめに隊やってたら、

国や会社に守ってもらえたかもしれない。

でも今は違う。

兵隊なんて使いて。誰も守ってくれない。

ITだかなんだかオレも良く分からないけど、

もう「」なんてそんなに必要ないんだぜ。

だから、みんな「不安」を抱えてる。

マジで逆転の現象が起こってることに気が付かないといけない。

「ありふれた日常」で兵隊役をやってるほうが、

ぜんぜん険なんだよ。


繰り返すけど、もう時代は変わったから。

ビジネスを立ち上げるのに、お金はいらないよ。

事務所も店舗もいらない。設備もいらない。

人だって無理して雇わなくていい。

もちろん、カな銀行マンに頭下げて、

借り入れなんてしなくていいわけ。


ね、「何が危険なんだ!?」


完全に人が出て行ける時代が来た。

だから、オレみたいな資金力も人脈も何もない凡人でも、

自分が主人公になってトーリー展開できちゃうわけ。


本当に危険なのは、「立した力」を持っていないヤツだ。

つまり、「自分で自分を雇用する力」を持ってないヤツは

これから先マジでヤバい。


だから、オレはあなたに提案したい。

あなたのみを生かせる何かの分野で

スペシャリストとして自分自身をビジネスモデル化

することを。

そして、闘力の高い「個人」に変身してもらう。

それが、「Project Plan-B」のコンセプトです。


画像の説明

結局オレが伝えたいこと、オレがあなたに提供したいのは、

慢しないで生きる力」

なんだ。

それを徹底的に教えていきたいと思ってる。


だから、本当はビジネスなんて何やったっていいわけ。

勝手にきなことやってくれればいいと思ってる。

でもね、あなただからやれること、

あなただから生み出せる値ってのがあるんだから、

それで勝負して欲しい。


だから、「稼げる」とか「稼げない」とか、

そんな視点でノウハウをしまわったって何も変わらないの。

「これをやればげます」的なノウハウは、

もうダメなんだぜ。

「せどり」で「成りたい自分に変身」することはできないから。

自分のビジネスを人に決められてちゃだめ。

自分のビジネスは自分が「得」できることをやらないと

続けることさえできないから。

だから、図されてることをやるだけのノウハウ買ったって、

結局、稼げるようにならないし小さな成功すらできないわけ。

もう、分かるよね。

むしろ、ちょっと稼げたら、また「慢」なんだぜ。

心底そのビジネスがやりたいわけじゃないけど、

止めたら収入がなくなるからと

売りたくないものを売る人生になっちまう。

そんな人生まらないと僕は思いますけどね。

そう言う意味では、今のところ、

「コンテンツビジネス」が一番いい。

サラリーマンだろうが社長だろうが、

若造だろうがおっさんだろうが関係ない。

みんな自分のコンテンツを

品にして売っていい時代なんだから。


遠慮しなくていい。「部クソ」なんで。

オレたちが出て行かなかったら、

ヤバいわけ。

じゃないと、「われない人」がいっぱいいる。

あなただから、救える人が必ずいるってことを忘れないで欲しい。


どうせなら、ケてることやって儲けようよ。

どうどうと儲けて、どうどうと使えばいい。

もう我慢しなくていいから。



...
...
...


ではでは、だいたい言いたいことの50%くらいは言ったので、

一旦話を中断して、この教材の説明をしたいと思います。

続きは、また後で話すとしましょう。


画像の説明

画像の説明

画像の説明

では、順番に説明していきます。

まず、この7日間講座は「凡人がゼロからコンテンツビジネスを立ち上げ、最低年収2,000万円を稼ぐスペシャリストになる」ように設計されています。

とにかく重要なことは、「0」を「1」にすると言うこと。

95%以上の人がビジネスを軌道に乗せることができ''ない原因は、「0→1」のフェーズをクリアできないことにあります。

大抵の人は、「モチベーションが・・・」「何をやればいいのか・・・」などと言ってみたり、やり始めたとしても「ファーストキャッシュが・・・」「まだまだ準備段階なので・・・」などと言ってしまっている状況なんですね。

だから、「それじゃ、どうにもならないんだ!」っつうことで、この段階を何がなんでもクリアしてもらう作戦をオレは考えてます。

ぶっちゃけ、その後は楽です。「1→2」にすること、「2→5」に「5→10」に、そして「10→50→100」へと持っていくのは、結構簡単なんです。

とにかく「0→1」が勝負なわけ。

なんとなく、これには気が付いている人がいるとは思いますが、ちょっと勘違いしている人も多くいます。例えば、初心者向け」とか「基礎講座」なんて教材やセミナー、塾があると思うんですが、実はこんなの意味がありません。

何でか?

それは、初歩的なことから教えている」だけのことだからです。こんなのは販売者や講師の自己満です。何度も言って来ましたが、そもそもその前に、「やるべき理由」「自分を突き動かすモノ」がないんだから、簡単だろうがなんだろうができないものはできないってことになるんです。

ですので、この「コンテンツメーカー」を実践していく上で、あなたには「やりたくないことはやらない」そう言うスタンスでやってもらいます。

逆に、「好きなことをやれ」みたいな話もあると思いますが、これは難易度が実は高いと言えます。なぜなら、「好きなこと」って言われても、自分では案外分かってないモノなんですよ。もちろん、その辺も教材の中でクリアにしていくわけですが、最初は「やりたくないことはやらない」って意識でいきます。

それともう一つ。「0→1」にできない理由は、小学1年生」の雰囲気でセミナーや塾が運営されていると言うこと。「みんなで協力して・・・」「落ちこぼれを出さないように・・・」「みんなで助け合って・・・」とかね。すっごく「フワッ」とした雰囲気でやってますよね。

たしかに参加者がこんな感じでやってくれると、講師サイドとしては助かります。でもね、これだと間違いなく超ごく一部の人しか結果が出せないんです。

「0→1」にするためには、「単独で突破する力」が必要です。誰も本気で助けてなんてくれないから。そりゃそうですよね、ビジネスやってんだから。

もちろん、「1」以上になれば、お互いにメリットが出せるようになりますから、そうなれば、同志や仲間と組めばいいと思います。

でもね、「0」のヤツと組んだり、「0」のヤツどうしが協力したところでどうにもなりません。力を持っている人に引き上げてもらうにしても同じことです。「0」でははどうしようもないわけです。

ですから、仲良しクラブは薄っぺらい人間関係ができただけで終わってしまうわけ。「同志がいるから!」なんつって「同死」してる。そう言う意味不明の状況だけは避けなければいけない。

だからこそ、ひとり一人が単独で「0」を「1」にできる力を持つ必要があります。それを「独破力」(単独で突破する力)とオレは言ってるわけですが、どちらにしてもその力がなかったら、自由になんてなれないわけですからね。あなたを「1」に引き上げるためにそこを徹底的に教えていきます。

まぁ、とにかく「最低年収2,000万円」くらいまでなら十分に単独で突破していけるだけのノウハウを提供します。


画像の説明

次に、この教材は7日間で学べるようになっているのですが、大きく分けるとあなたに「3つのメソッド」を叩き込むことになります。これは、オレと一部のクライアントの中だけで共有されていたある種「秘密」のメソッドになります。

そのメソッドとは、、、

1:「Plan-Bメソッド」
2:「独創力メソッド」
3:「独破力メソッド」

この3つです。
後ほど詳しく解説しますが、一応かるく話しておきます。

画像の説明

Plan-Bメソッド」については、ここまでをしっかり読み進めてくれた人はもう分かってくれているはずですが、「あなたが本当にやるべきこと」を発見するメソッドです。もう少し言えば、「どんなジャンルで」「何のスペシャリスト」になっていくのかまで具体化していきます。ここがあなたの人生を変えるもっとも重要なフェーズになります。



画像の説明

独創力メソッド」とは、一言で言うと「あなた独自の価値を生み出す方法」って感じです。いくら、あなたがやるべきことを発見できたとしても、あなた独自のコンテンツが生み出せなかったら本末転倒です。でも、心配しなくても転倒させません。このメソッドを使えば、あなたが持っている価値をコンテンツ化し、そして売れるコンテンツに転換することができます。


画像の説明

独破力メソッド」とは、さっき少し話しましたが、「0」を「1」にするために必ず必要なメソッドです。ゼロスタートのあなたを浮上させるマーケティング、一人でも多くの人にあなたのメッセージを届ける戦略が詰まったメソッドになっています。とりあえず、成功サイクルを「一周まわすこと」。それができればあとはなんとかなる。でも、ここが回らないからみんな苦労するんです。あなたにはこのメソッドを使って、「最大の難関」と言われるポイントを見事にクリアしてもらいます。



この3つのメソッドは、オレたちが今でも新プロジェクトのスタート時、新規事業の立ち上げ時などに使っている現役で活躍しているメソッドです。例えば、「Plan-Bメソッド」を使ってプロジェクトのコンセプトやゴールを設計し、「独創力メソッド」を使って売れる価値を生み出し、そして「独破力メソッド」を使ってできる限り多くの見込み客にリーチする。このように、実はこのメソッドは、どんなビジネスにも応用できるモノなのです。ですから、あなたのこれからの起業家人生にかなり役に立ってくれるはずです。


画像の説明

このテンプレートだけは、「自画自賛」させて欲しい。自慢させて下さい。

もし数年前、オレがこのテンプレを持っていたなら、どんなに楽だったか」と何度も思いました。本当に過去のオレのために、オレが欲しかったものを、オレが必要としていたものを作った。そんな感じです。

もうあなたは、ゴールに向かって「一直線に進めばいい」「階段を上るようにステップアップするだけ」なんて言葉に騙されてはいけない。そんなモノは全部ウソです。

あなたは、下記の図のように「曲線を描きながらゴールに向かう」のです。「一直線」とか「階段を上るように」なんて話は、あなたを成功から遠ざけているだけです。そんな「期待」は今スグ捨てて下さい。


   【ストーリーチャート図】

画像の説明

あなたが進んでいくのは曲線的な道です。しかし、直線(階段)だと思い込んでいたら、落とし穴にハマることになります。図を見れば分かると通り、あなたが期待している直線(階段)を曲線の道は一時的に下回ることがあるのです。多くの人は、ここで挫折したり、諦めてしまいます。自分の期待を下回るため、「やっぱり私には無理か」「やっぱり、私には才能がないのか」「やっぱり上手くいかない」などとなってしまっているのです。

しかし、よく見て下さい。その曲線の道はしっかりゴールに繋がっています。諦めずに進めば、ゴールに到達できていたかもしれないのです。そもそも、直線(階段)の道なんて最初からないのです。そのことを知らないばかりに、「ノウハウコレクター」に成り下がった人をオレは何人も知っています。

だから、もうあなたが落とし穴にハマらないように、4つのテンプレートは全て「ストーリーチャート型のテンプレート」で設計されています。つまり、この曲線に沿って進めば、「新しい日常」に導かれるように作られているので、見えるゴールに向かって安心して進めるようになっていると言うことです。


画像の説明

画像の説明

画像の説明

収録時間:2時間19分

この1日目のビデオでは、「凡人がイケてるビジネスで勝つには」ってことをテーマに、この教材の全体像を解説しています。

凡人に残されたいる道は2つです。これまで通り「自分を押し殺して小銭を稼ぐ」のか、それとも「やりたくないことをやらずに大金を稼ぐのか」そのどちらかです。もちろん、誰もが「後者がいいに決まってる」と思うでしょうが、99%の凡人は前者を選択してしまいます。その訳とはいったいなんだと思いますか?

理由は至ってシンプルなことです。それが「凡人の常識」だからなんですね。この1日目のビデオでは、このような凡人の常識を壊しつつ、あなたが「Plan-B」を発見するための準備を整えてもらいます。

その内容の一部とは、、、

[check]「やり方」と「教科書マインド」だけを学んでも稼げるようにならない理由とは。これを理解することで、もう「モチベーションが続かない」などと悩むことはなくなるでしょう。

[check]オレがあなたのことを「バカ」呼ばわりするかもしれない理由とは。決してあなたのことが憎いからでも嫌いだからでもありません。オレの本意を聞いて下さい。

[check]人の役に立てて、世の中に貢献できて、それでいて高収入を得られるビジネスの仕組みとは。知ってしまえば単純でシンプルなこと。でも、昔のオレのようにみんな複雑に考えすぎてしまっています。

[check]この世でもっとも重要性と市場価値がある商品とは。そしてそれはどこにあるモノなのか?名著「ダイヤモンドを探せ」を読んだことがある人は分かっていること。

[check]ほぼ梅津の口癖となっている「全部クソ」の本当の意味とは。実は、この下品な言葉に隠されているのはある思考法なのです。これを知れば、あなたも口癖になるかもしれません
etc


※こちらの1日目のビデオは無料公開中です。視聴希望の場合は、下記にメールアドレスを入力して、「今スグ無料で受け取る」ボタンをクリックしてご覧下さい。

メールアドレス(必須)


画像の説明

画像の説明

収録時間:2時間52分

この2日目のビデオでは、「いったい自分は何者なのか?」をテーマに、「Plan-Bメソッド」を使って、自分の「コア」(core)発見に挑みます。

あなたは、何かをやりたくてやりたくて「ムズムズ」する状態になったことはありますか?似たような感覚として「ワクワク」する状態ってのがありますが、それはクソです。そんなものは一時的に感情を刺激されただけのこと。そうではなくて、やらずにはいられないほどの「ムズムズ」する状態になることが成功への最初の一歩です。

2日目の動画はそのためのモノです。

その内容の一部とは、、、

[check]あなたが愛車を購入する時にはやっているけど、車以上に重要な自分の人生を決める時にはやっていないこととは。オレはこれに気が付いた時、「もっと早く誰か教えてくれよ」と怒りすら感じました。

[check]本当の自分自身を自覚する方法とは。もし今、あなたは自分に可能性を感じることができないかもしれないけど、この方法を使えば大丈夫です。

[check]あなたが必ず捨てなければいけない「○○○○」とは。これさえ捨てることができれば、あなたの「新しいストーリー」が動きはじめます。逆にこれが捨てれない人はいつまで経っても変われないままです。

[check]勝てるイメージを持つためのある作業とは。ここでは、とても辛く、苦しく、そして面倒くさい作業があります。これを本気でやれるかが最初の勝負です。

[check]超重要。あなたが勝つために選ぶべきジャンルとは。それは「○○っ○○」ジャンルです。そのジャンルにあなたの強みを合わせる方法を徹底的に伝授します。
etc


画像の説明

画像の説明

収録時間:2時間18分

この3日目のビデオから、テンプレートを使用します。まずは、「Plan-B Chart Template」です。

このテンプレートを使って、あなたの「Plan-B」を具体的に構築していきます。とは言っても、実際にはテンプレートに沿って作業を進めていけばいいだけになっているのですが・・・。

その内容の一部とは、、、

[check]あなたを変身させる15個のパーツとは。このパーツを1つ1つ揃えていくことで、あなたは「ありふれた日常」から脱出し、新しい自分に変身していくことができます。

[check]一瞬で生まれ変わる方法とは。あなたはこの方法を使って、たった一日で半分生まれ変わってもらいます。今の時代だからできるちょっとズルいやり方を伝授します。

[check]「ライバルは、ライバルではない。」その意味とは。あなたは、これからスペシャリストになっていきますが、必ず同業他者の存在を意識してしまうはずです。ですが、心配しなくても大丈夫です。あなたのライバルにはならない方法を教えます。

[check]一瞬でリーダーと言うポジションを築く、もっともてっとり早く強力な方法とは。あなたがこの方法を使いこなせるようになれば、ある意味「殿様商売」状態にだってできます。

[check]1つのコンテンツからの収益を倍々に増やす戦略とは。これはコンテンツビジネスの基本中の基本ですが、間違って教えている人たちがいるので解説しています。

etc


画像の説明

画像の説明

収録時間:1時間11分

この4日目のビデオでは、独創したコンテンツを生み出し、それを売れる商品に変える方法をメインにお話しています。

これであなたは、「マネーマグネット化」されたコンテンツと言う強力な武器を手に入れることができます。知識社会において、コンテンツは「キング」と言われる程、市場価値が高いものです。

この「売れるコンテンツ」を生み出す能力は、誰にも奪うことができないモノです。所詮お金は使えばなくなる。もしかすると奪われることもあるかもしれません。しかし、「独創力メソッド」さえあれば、何度でもお金を引き寄せるコンテンツを創造できるようになるのですから、もう安心です。

その内容の一部とは、、、

[check]売れるコンテンツの4つの条件とは。この条件を全て満たした商品を作ることができれば、あなたのコンテンツはヒットするでしょう。しかし、1つでも掛けていたら中途半端なコンテンツに成り下がってしまいます。

[check]売れるコンテンツと売れないコンテンツの違いとは。この違いを明確に理解しておくことで、「中身は良いのに売れない」などの悔しい事態を避けることができます。そして、なぜディズニーグッズは売れるのかも理解できるようになるでしょう。

[check]「行動は上から、設計は下から」の商品設計術とは。この設計ができている起業家とできていない素人起業家では、収入と時間に最低3倍以上の差が生まれてしまうことを理解して下さい。

[check]コピーライティング力だけでコンテンツを売ろうとしてはいけない理由とは。ままごとビジネスのネット起業家たちは、自分が犯してしまっているこの大きなミスに気が付いていません。

[check]「お客様の声」を聞いて商品を作ってはいけない本当の理由とは。巷では、「お客が欲しいと言っているモノを作って売ればいい」などと言われていますが、そんなバカな話は忘れて下さい。

etc


画像の説明

画像の説明

収録時間:1時間54分

この5日目のビデオでは、2つ目のテンプレートを使用します。
独創力 Chart Template」の登場です。

多くの人は、「アイディア」を持っていたとしても、それを形にすることができないでいます。当たり前のことですが、売るためには商品化し、そして陳列しなければ顧客に買ってもらうことはできないのです。

このテンプレートを使えば、いつでもあなたのアイディアを商品化することができるようになります。

その内容の一部とは、、、

[check]あなたのコア(core)メッセージをプロジェクト化するメリットとは。例えば、オレは今回「Project Plan-B」としてこの教材をあなたに紹介していますが、それはなんとなくカッコいいからだけの理由ではなく、ビジネス的に大きなメリットがあるからなのです。

[check]ユーザーに結果を出させるコンテンツを制作する上でもっとも気をつけなければいけないポイントとは。それは「○○させて、△△してもらう」ことなのです。結果を出させることができれば、あなたのコンテンツは売り込まなくても売れるようになっていきます。

[check]自己保身のためにニセ者マーケターたちが売っている「××」とは。
ニセ者は、自分の商品を売ることしか頭にありません。しかし、本物は結果を出させることにフォーカスしているので「○○」を重点的に教えているのです。

[check]ピラミッド型のコンテンツ構成とは。この型でコンテンツの構成が組まれている場合、ユーザーの頭の中で情報が整理されやすくなり、より理解を深めさせることができます。

[check]ビッグアイディアが欲しい時に使う「パクる技術」とは。単純にライバルの真似をしても意味がありません。それはコピーであり、ライバルのフォロワーになっているのと同じことです。ですから、パクるには「技術」が必要なのです。

etc


画像の説明

画像の説明

収録時間:1時間24分

この6日目のビデオであなたが収得するのは、売り込まなくても売れる」マーケティング力です。ネットの業界では、まだまだ「売って、売って、売り込みまくれ」のマーケティングが主流のようですが、そんな時代はもう終わってます。

顧客を消耗品のように扱うのではなく、仲間や同志としての関係を築くのです。ですから、あなたは「先生」になるのではなく、「リーダー」になる必要があります。しかし、そう言ってしまうと必ず「私はリーダーに向いていないので・・・」などと言う人が現れますが、大丈夫です。

そのために「独破力メソッド」があるのですから。

その内容の一部とは、、、

[check]正直者が生き残り小細工野郎が死ぬ、○○の時代における最適なマーケティングとは。「一発屋」「売り逃げ屋」「当たり屋」のようなマーケターたちは、自分たちの危機にすら気が付いていないのでしょうね。まぁ、放っておきましょう。

[check]リーダーとして認めさせる3つの条件とは。強くて人望があって、実績があって、そしてカリスマ性のある人をリーダーと認めるのではありません。ここで話す3つの条件を満たしてくれる人を本能的に真のリーダーと認めるのです。

[check]マーケティングコーチでもある梅津が、「マーケティング不要」と言ってしまう戦略とは。実はマーケティング押しのセールスでは限界があるのです。

[check]あなたのコンテンツの売上を最大化させるセールスの最適なタイミングとは。これを知らない場合、確実にジリ貧サイクルに陥ってしまいます。

[check]カリスマ性のない凡人でもユニークな存在になれる方法とは。キャラクター構築」をしなければいけないと言うと、不安に感じる人もいると思いますが、この方法ならあなたを自然体のままキャラクター化していくことができるでしょう。

etc


画像の説明

画像の説明

収録時間:2時間50分

さて、最後のビデオでは、ラスボスを撃退する方法を伝授します。あなたは、3つ目のテンプレートを使って、本格的にビジネスをスタートさせます。もちろん、長い起業家人生の始まりにすぎないわけですが、何度も言っているように「0→1」が勝負なんです。「1→100」にするゲームは本当に楽です。

ですから、なんとしても、なにがなんでも、この勝負に勝って「新しい日常」を手に入れて欲しいと思っています。

そこで、絶対に負けられない勝負に勝つために、独破力 Chart Template」は、「バージョンA」と「バージョンB」の2種類用意しました。

これで、ラスボスを倒す全ての武器は揃いました。
ストレートな言い方をすると、「意地でも売れ」ってことです。

その内容の一部は、、、

[check]資金力のない個人が突破できないたった1つのポイントとは。大抵の人は、この壁を超えることができないため諦めてしまいます。でも、あなたはこの2種類のテンプレートを使って、無事に超えていくことができるでしょう。

[check]オフラインビジネスでは、到底あり得ない利益率になるビジネスモデルとは。ここで見せているシュミレーションを見れば、ゼロスタートの人でも勝てるイメージを持つことができるでしょう。

[check]あなたの預金残高以上に重要な「○○残高」とは。この残高を増やすことを日々意識することが、あなたの預金残高を増やすことに繋がります。しかし、この残高がマイナスになっている起業家を本当によく見かけるのであなたは気をつけて下さい。

[check]あえて利益を減らして最終的に大きく儲けてしまう戦略とは。凡人マインド」が染み付いている初心者はこれができないから、小銭しか稼げないのです。

[check]「売れているから売れる」状況を意図的に作る方法とは。どんなビジネスでも同じですが、これが戦略的にできるようにならなければ初動で転けてしまうのです。そして、これをやるのが「バージョンB」のテンプレートです。

etc


画像の説明

まるで、ナリオがあるかのように

あなたのビジネスが動き始めるとしたら、

しそうではないだろうか。

ハッピーエンドに向かって、あなたの語が進行していくんです。

そうなれば、必ずあなたの人生に変化がこります。


結果が出ないのは、、、


「あなたが、行動しないからだ!」

たしかにそれもあるかもしれない。


「行動だけが現実を変える」


なんて言ってるお偉い生方もいらっしゃる。

でもね、それができないから凡人は苦しんでるし、

んでるわけ。

じゃ、える側としては、そこも含めたコンテンツを提供しなければいけないんじゃ

ないかと思うんです。

もう、「ノウハウ提供」だけでは無理ってことに

先生方も気が付いてるはず。

でも、もやろうとしない。


だから、オレは「通の人」が変われるものが創りたかった。

昔のオレが心底「しい」って思うものを創りたかったんです。


もう、なんとなく分かってもらえているかと思うけど、

この教材は「物語設計」しています。

つまり、

「Plan-B」+「コンテンツビジネス」+「物語」

成されているのです。


あなたは、やるべきことを発見し、

それを、もっともれたビジネスモデルに乗せ、

まるで画の中にいるかのように、

自分の英雄物語を進めていくだけ。

そんな教材が成しました。


「行動力」、「モチベーション」、「努力」、etc

全部要なモノかもしれないけど、

ちょっと違う。

それじゃ、なんだか自然なんです。

上手く行く時ってのは、もっと自然な感じです。

本当に、ナリオがあるかのように進んでいく。

言葉では表現しずらいけど、

...

もう、止まれない

...

そんな感じなんです。

だから、「行動できない」とか「モチベーションが上がらない」

とか、そもそもそんなモノが存在しない態(ゾーン)なんです。


それを今回は、あなたに「体」してもらおうと思ってます。


でもね、この教材には、、、


画像の説明

普通は、ここで「典」が5、6個並んでると思うんです。

あなたも一度くらいは、そんなレターを見たことが

あると思います。

でもね、ないんです。

だって、全部必要なモノは教材の中にめ込んだから。


実はあれって、結構ルいやり方だったりします。

お得感を演出する「せ方」に過ぎないわけです。

もちろん、オレも今までは、そんなレターを何度も書いて来た。

でもね、今回は止めた。

もう、あなたには、そんな小手先のクニックに左右されて

欲しくないから。

本当に、そんな小細工にされてはいけない。

踊らされてちゃダメ。


だからこれは、見せかけだけで騙し売りしてる

セ者マーケター達」に対する、

オレの小さな「抗」なんです。

分かって下さい。


ただし、、、


画像の説明

安心して下さい。

フォローはバッチリやりますから。

例えば、下記のような内容で。



画像の説明

本教材の購入日から3ヶ月間は、

回数無制限で個別の質問メールにお応えします。

もちろん、誰かに任せるんじゃなくて

オレ自身が全ての質問メールに別で対応していきます。


ハッキリ言って、かなりの折れる作業になることが予想されますが、

もう、やると決めたんで頑張ります。

ンガン質問して下さい。

ただし、返信までに3日程かかってしまう場合があるかもしれません。

それだけは、ご了承下さいませ。

画像の説明

定期的に、購入者限定のフォローメルマガを配信します。

このメルマガでは、「っちゃけ話」をするつもりです。

通常メルマガだとどうしてもを持たせた内容に

なるのですが、ここでは遠慮なくいろいろ

言わせてもらおうと思ってます。

例えば、

綺麗事なんて無視して「ャッシュ」が必要な

時だってあるかもしれない。

そんな時、

「オレはどうしていたのか」

「どんな儲け方をして来たのか」

「どんなやり方があるのか」

とかね。

教材にはできないし、通常メルマガにも書けない。

そんな露系の内容も含めて、スペシャリストになるために

必要な情報や事例を配信していきます。


画像の説明

こちらは、不定期になると思いますが、

「情報共有」を意識した内容で「音声」をお届けします。

例えば、皆さんから頂く質問だったり、

実践報告などは、他の人にとっても重なヒント

になったりするものです。

つまり、このコミュニティーでは、

オレを中心に報が行き交いするわけですから、

それをこっちで上手くまとめて、みんなで生かせる情報に転換して

けしていこうって考えてます。


画像の説明

参加者の進捗状況などを見ながらになりますが、

購入者限定ミナーや交流会なども

必要だと判断した場合は開催します。

もし、クエストなどあれば送って下さい。

検討しますので。

以上


画像の説明

4年前、、、、

オレは、「マーケティングコーチ」になりました。

それと同時に、字の飲食店を買い取って、

「飲食店オーナー」にもなった。


とにかく、自分の店で身を切って

マーケティングテストを繰り返しました。

そして、そこで有効だった方法やノウハウをンテンツ化して、

全国の飲食店経営者や店舗ビジネスオーナーに

届けることをやったんです。

実績のないロスタートのオレには「信用」がありません。

だから、自分の店での「圧倒的な結果」を

アルな実績として使おうと思ったのです。

赤字の店をあえてい取ったのは、

そのほうがよりリアルだからです。


机上の空論を並べて偉そうなことを言ってるだけの、

ゲおやじコンサルタント」とオレは違う。

そうやって、っ張ってたのが少し懐かしく思います。


オレのメルマガ読者やクライアントは、

個人店の経営者から年商40くらいの

会社の社長まで様々ですが、

多くの経営者がオレの話にを傾けてくれるようになりました。


これまで、個別にアドバイスしたクライアントの数だけでも、

00人を超えます。

もちろん、コンテンツを届けた人の数は、

それをはるかに回るわけですが、

それなりに多くの人の人生や会社の経営に

響を与えて来れたと思っています。


そして気がついたら、オレ自身の人生も大きく変化していました。

他人の変化にォーカスしていたら、

いつの間にか自分も変わってたという感じです。

サラリーマン時代との一番の違いは、


「やりたくないことも我慢してやる」


ってヤツがなくなったこと。

もちろん、収入が上がったとか、

時間のコントロールができるように

なったとか、他にもあります。

でもね、やっぱ隷的な縛りから抜け出せたことが、

オレの人生をより良いものにしていると思います。


本当にオレは、何も特別なモノを持っていたわけではありません。

ただ、自分の人生を変えるために、

ネット」と「コンテンツビジネス」を

用しただけなんです。

だから、もし今の時代に生まれてなかったら、

オレは一生「奴隷」として生きていくことに

なっていたベルの人間だと思います。


今のあなたも4年前のオレと同じで、

何も績のないゼロスタートかもしれない。

専門的な知識やスキルだって持っていない人のほうがいはずです。


でもね、安心してくれていい。

そんなことも全部含めて完成させたのが、

「コンテンツメーカー」

なんですから。


ぶっちゃけオレは、かなりり道もした。

変な失敗もしたし、やらなくていいこともやってた。

今思えば、結構無駄が多かったと思います。

それでも、なんとかロになれたわけ。


だから、オレがあなたに教えるのは、

「最短距離でゼロからプロになる方法」

なんだ。


マジで凡人でも勝てるのが今の時代です。

あなたには、このチャンスをさないで欲しい。

からそう思います。


画像の説明

ここまで読み進めてくれたあなたなら、

Project Plan-B」というコンセプト、そしてこの「コンテンツメーカー」が

あなたの人生に与えるンパクトがそれなりに強烈なものであることを

解してくれていると思います。


凡人がゼロから最低年収2,000万円のスペシャリストになること」を

第1ターゲットに作られた教材ではあるけれど、

「稼ぐこと」以上の何かをめていることも

分かってくれたはずです。


間違っても、銭を稼ぐスキルではないし、

ままごとビジネスのノウハウでもない。

物のコンテンツビジネスを展開して、

あなたの人生を180度変えるものだ。


だから、ぶっちゃけ額でも文句言われないと思っている。

それくらいの自信は余裕であります。

むしろ、高額にすることのほうが

あなたのため」になるんじゃないかとさえ思えます。

だって高い金払った方が「悟」して取り組めるだろうから。

その方がいいかもしれない。

...
...
...

ただ、この教材を販売する目的がもう一つある。



画像の説明

そう、この理由があるから、

オレはどうにもこうにも決めに困っている。

正直に話すけど、本来はオカしいことだ。

今まで言って来たことと盾しちまう。

本来、目的は1つ。「人を変身させる」ことだけでいい。


でもね、やっぱコンテンツビジネスには、

「金のい」がプンプンするばかりに、

匂いに敏感なヤツがかなり集まって来てるわけだけど、

その中にはやっぱ「なヤツら」も紛れ込んでるわけです。


まぁ、これはある意味仕方がないのかもしれない。

だってこんなに率の良いビジネスは他にないんだから。

そりゃ、欺師だって稼ぎに来ますよ。

ただやっぱり、あまりにらされると困るわけ。

数年後、真面目にやってるオレたちも、

ビジネスがやりくなってしまうんで。

だからオレは、「変身できない変身ベルト」を

売っているヤツらがマジでいなんです。

もう、そんなオレの「り」も伝わっているはず。


つまり、オレは志が欲しいわけ。

そして、まともなコンテンツを出す人をもっと増やしたい。

スペシャリストを輩出したいってことです。

それが、この「コンテンツメーカー」のの目的でもあるんです。


もしあなたが、オレの考えに同し、そして一緒にってくれると言うなら、

この教材は同志価格で提供しようと思います。

ですので、29,800円でいいです。


オレのことを知っている人はかなりく価格設定だと思います。

基本なんでも「高く売れ」って教えてきてるわけですから。


そして、誤解を与える価格だと思うので、

のため言っておきますが、くれぐれもその他の

陳腐な情報商材と同類に考えないで下さい。


「オレの人生を変えてくれたコンテンツビジネスを

これ以上バカにされたくない。」


今回は、本当にその持ちが強くあります。

本気で、本物のコンテンツビジネスを展開する

ペシャリスト集団を作りたいと思っています。


なので、特別価格として、29,800円で提供します。


しかも、この価格帯で「分割決済」もできるようにしました。

回支払いが可能ですので、必要な方は利用して下さい。


画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明


画像の説明

STEP1:まずは、お申し込みを完了して下さい。

「お申し込みはこちら」ボタンをクリックし、ご希望の決済方法を選択してお申し込みを完了して下さい。

STEP2:PDFをダウンロードして下さい。

お申し込みが完了しましたら、インフォトップの購入者ページから、PDFをダウンロードして下さい。

そちらのPDFに購入者限定ページのご案内が記載されていますので、ご確認下さい。

STEP3:購入者ページにログインして下さい。

ログイン後、まずは梅津からの「ウェルカムメッセージ」を必ず聞いて下さい。続いて、早速1日目のビデオから順番にご覧頂き、テンプレートに沿って行動を開始しましょう。

STEP4:あなたの「新しいストーリー」をスタートさせます

「3つのメソッド」と「4つのテンプレート」を使って、あなたのビジネスを立ち上げ、「非日常」の世界に飛び込んで行きます。

もし、質問や相談があれば、梅津が直接対応しますので、メールを送って下さい。

STEP5「新しい日常」を少しだけ楽しんで下さい。

今まで自分が「成し得なかった」ことをまずはクリアします。もちろん、この段階になれば新しい収入も得ていることでしょうから、少しだけ「新しい日常」を楽しんで下さい。

ただし、まだまだここからです。ここで満足せずに、さらに進化・成長するために梅津と一緒に戦って下さい。あなたは、梅津の同志であることを忘れないで下さい。


画像の説明



画像の説明

今回、オレが公開する「コンテンツメーカー」の内容は、

こんな感じです。

なんとなく、他との「い」ってヤツを

理解してもらえただろうか?

もし、「伝わっていない・・・」としたら、

それはオレのイティング能力のなさなので、

ある意味仕方がない訳だけど。


ただその場合は、あなたの「感」を働かせて欲しい。


「直感」って何だ?

と思うかもしれないけど、

オレは以前、「直感」で人生を変えたことがあるから。

ある人のレターを見て、「直感」で申し込んだ験が

あるんです。


今では、その人は舞台に出て来てるけど、

その当時は、まだ誰もその人のことを知らない時だった。

もちろん、オレも知らない。


でもなぜか、オレは然その人のレターに行き着き、

そして、「感」で申し込んだわけ。


ぶっちゃけ、レターに何が書いてあったかなんて

何1つ覚えていない。

ただ、憶にあるのは、

その人の「プロフィール写真」と「価格」だけ。


本当に、オレにとっては衝撃的な写真だった。

言い方は悪いけど、とにかく「い顔」してるわけ。(笑)

本当に、「腹を空かせたオオカミ」のようで、

特に、目つきがヤバい。


でもね、それがスッゲェー「ッコ良く」見えたし、

この人に教わりたい、この人の話が聞きたいって思ったんです。

ひょっとしたら、そこまでも考えてなかったかもしれない。

とにかく、「何かう」って感じたんです。

でね、価格がカ高いの。

いわゆる高額塾ってのがありますよね。

それにを一個足した感じ。

「マジカよ!」

と思ったけど、「直感」に従って申し込んだ。

...
...
...

・・・正しかった。

当たり前だけど、「稼げそう」とかで申し込んだのでもないし、

何かの得勘定でもない。

かといって、「なんとなく」ってのも

ちょっと違う気がする。

だから、「直感」なんだ。


もしあの時、オレが躇して申し込んでいなかったらと思うと

マジでゾッとする。


だって、相当な影響をえてもらっているから。

白するけど、

その人に出会ったから、オレはこうやって、

あなたにレターを書いてるんです。

別に「そうしろ!」と言われたわけでもない。

ただオレも「て行こう」って思ったんです。


別にそんなことしなくてもってけます。

それなりに、ジネスは上手くいってる。

マーケティングコーチとしての収入もあるし、

飲食店オーナーとしての収入もある。

社員だっているんだから、自分の時間も自由に確保できる。

これ以上、しくする必要なんてあるのか?


理屈で考えると、あまり「必要性」は感じない。

でもね、そう言うことじゃないの。

ズムズ」するんですよ。


オレにももっとやるべきことがあるんじゃないか。

オレにももっと可能性があるんじゃないか、と。

だから、界とか分野とか、そんなの取っ払って、

コンテンツプロデューサーとしての活動もしてるわけです。

つまり、オレも今まさに、

次のテージで「新しいストーリー」をスタートさせ、

そして「非日常」でってるわけ。


だから、もしあなたの「直感」がいたなら、

オレが少し前をるから、ぜひ一緒に戦って欲しい。

画像の説明


画像の説明


Q 『7Days コンテンツビジネス起業テンプレート 』とは、簡単に言うとどんな内容なのでしょうか?

A 簡単に説明するのは難しいのですが、これまであった教材との一番の違いは、あなた自身を「ビジネスモデル化」するというところです。

これまでの教材などは、「この儲け話をあなたもやってみれば稼げますよ。少なくとも私は稼げましたよ」と言う感じのモノばかりだったと思います。ですが、それではあなたに合っているビジネスなのかも分かりませんし、そもそも一過性の情報ノウハウですから、スグに使えなくなってしまうということがありました。

しかし、今回お伝えしていく内容は、まずあなたの中から価値を生み出し、それをコンテンツ化して販売していく流れを全て教えますので、使えなくなるとかの類とは全然違うモノになります。

また、テンプレート化されているので、もう迷わずに行動していくことができます。
..................................................................................................

Q 今までビジネスをしたことがないサラリーマンですが、それでもできるでしょうか?

A もちろん可能です。むしろそう言った方にこそチャレンジして欲しいと思っています。誰でも最初はビジネス初心者の時代があります。もちろん、オレも同じでしたから不安な気持ちは理解できますが、給料以外の収入源を持つことができれば、あなたはかなりの「自由度」を手にすると思います。

別にサラリーマンが100%ダメと言っているわけではありません。そうではなくて、選択肢を持つことが最初の一歩です。辞めたければいつでも辞めれる。自分のビジネスで飯が食っていける状態にさえなっていれば、「やりたくないこと」をやらずに生きていくことができるようになります。
..................................................................................................

Q 独立起業を目指しているのですが、このビジネスで本当に食べていくことはできると思いますか?

A 当然です。食べていくことなんて楽勝です。そんなことよりも、どんなビジネスで稼ぐかのほうが重要です。結局、「お金」だけを稼ぐことが目的になっているビジネスは続けていくことができません。やりがいを感じ、誇りを持ってやれる。あなたにはそんなビジネスを発見してもらいます。
..................................................................................................

Q 私には、ノウハウや知識は何もないと思うのですが、そんな私でもコンテンツビジネスはできるのでしょうか?


A 何度もお伝えしていますが、どんな人にもコンテンツになるものが絶対にあるのです。今はそれが見えていないだけのことです。ここでは詳しく話せませんが、「Plan-Bメソッド」を使えば、その意味が分かってもらえると思います。
..................................................................................................

Q このテンプレートを多くの人が手に入れたら、稼げなくなってしまわないのでしょうか?

A それは、ありません。なぜなら、「コピペ」するような陳腐なテンプレートではないからです。それぞれの人が自分に合わせて使用できるようになっています。つまり、100人いれば、100通りのコンテンツビジネスが出来上がるテンプレートなのです。

しかし、これを心配される気持ちはよく分かります。多くの情報商材は、たった1つのビジネスのノウハウを何百人もの人に一気に教えてしまうわけですから、そりゃ稼げなくなっても仕方ありません。ですから、こう言った類のノウハウからは、もう卒業して下さい。
..................................................................................................

Q この教材はDVDでしょうか?

A いいえ、違います。これは、オンライン講座になります。
参加者は専用のメンバーシップサイトにご招待しますので、お申し込み後スグにコンテンツをご覧頂くことができるようになっています。繰り返しますが、DVDなどを送りつけることはありません。
..................................................................................................

Q 見込み客がゼロの状態でも大丈夫でしょうか?

A もちろん、大丈夫です。この7日間講座は、「ゼロから」が1つのテーマになっていますので、今は何もない状態の人でも全く問題ありません。

特にこの講座では、「0」を「1」にするところを徹底的に教えていきますので、安心して参加して下さい。
..................................................................................................

Q 自分は何がやりたいのか見えていないのですが、参加しても大丈夫なのでしょうか?

Aあなたは素直な人ですね。本当は多くの人がそうなんです。逆に、「私はこんなビジネスがやりたいと思っています」なんて言ってる人がいますが、大抵それは実現されることはありません。もし、それが本当にやりたいことなのであれば、既に実現されているか戦いの真っ最中だからです。

あなたには、この講座の中で「本当に自分がやるべきこと」を発見する方法をしっかりとお伝えしていきますので、今は見えていなくても大丈夫です。
..................................................................................................
Q 今まで何をやっても続かなかったのですが、それでも成功できるでしょうか?

A それは正しいものに出会ってなかったからです。もちろん、続けることができなければ成功することはないでしょう。だから、「行動し続けろ」とお偉い先生方は教えるのでしょうが、それができないら凡人は悩んでいるわけです。

今回はあなたにその壁を突破してもらいます。どれだけ頑張っても「やりたくないこと」は続けることができません。なので、今回は「やりたくないことはやらなくていい」です。

心底自分が納得できるビジネスをして稼いでいきましょう。
.................................................................................................

Q 今はあまり資金がないのですが、分割決済はできるのでしょうか?

A はい、クレジットカード決済の分割支払いをご用意していますので、必要な方は利用して下さい。2回払いまで対応しています。
..................................................................................................

画像の説明



画像の説明

ここまで長々と読んで下さり本当にありがとうございました。

途中、ややこしい話もしてしまったので、少し乱させてしまったかも

しれませんが、それでも最後までお付き合い下さったことに謝いたします。


そして、何度もい言葉や乱暴な言葉を使った表現もしました。

それによって、恐らく気分をした方もいらっしゃるかと思います。


「お詫び致します」


ただ今回は、あえて「音」で語らせて頂きました。

もちろん、オレもマーケターです。

ぶっちゃけ、レターと言うのは、

「本音」よりも「前」の割合を多くした方が売れるんです。

それくらい知ってます。


そして、オレも36歳のおっさんであり、大人です。

余計なことを言えば言う程、「われる」ことだって、

もう理解しているつもりです。


それでも、本音であなたにぶつかろうと今回はめていました。

なぜなら、「持ちが悪い」からなんですよ。

オレも仕事柄、毎日多くのセールスレターやランディングページを

チェックします。


その中には素晴らしいモノもあります。

ですが、大半は「き気」を催す代物です。

だって、「うさん臭い」でしょ。

1つ1つの言葉が、なんだか「すっぺらく」感じませんか。


あなただって何となく気が付いているはずなんです。

それでも、求がかき立てられ、

ついつい購入してしまったり、登録してしまう気持ちは

分かります。


でもね、もう「建前」でり固められたレターの時代は

終わったんです。

今はもう「ネット」と「リアル」が完全にに融合した代なんです。

ネットは、バーチャルな世界ではありません。

つまり、リアルに害者を生み出すことになるのです。


だからこそ、オレはその共に問うてみたいのです。

レターに書いていることを、

「借金苦で今にも自をしそうな人」を目の前にして

言えるのかと。


もし、自分の供が将来大人になった時、

同じようにお金に苦しみ自殺しそうになっていたとしても、

お前はそんな我が子を目の前にして同じことが言えるかと。


と向かって言えないようなことはいてはいけない。

そして、そんなビジネスのやり方で小銭を稼いでも、

理想の人生は120%手に入らないはずです。

それくらい像すれば誰にだって分かることです。


コンテンツビジネスとは、

情報弱者」をい物にする商売ではなく、

情報弱者」に実を伝える商売なのです。

だからこそ、「本音」でいいし、「自然体」で負していい。

オレはそんなふうに思っています。

ですから、今回は「キ出し」の梅津で語らせて頂きました。

ご理解頂ければ幸いです。


では、次は講座の中でお会いしましょう。

画像の説明



画像の説明

最後にもう一度、重要事項の確認ですが、

現在特別価格によって、

29,800円になっています。

いつ値上げするか分かりませんので、

今のうちに手に入れておいて下さい。



画像の説明

本当の最後に、誤解を恐れずに言っておきますが、

人生は書き換える」ことができます。

今の時代には、そんな「技術」が存在するのです。

さっきも言いましたが、今は「リアル」と「ネット」が融合した時代です。

つまり、我々の人生の半分は、「ネットの中にある」と言っても過言では

ないのです。


しかし、多くの人はその技術の使い方を知らないか、

使うことに「遠慮」しているのです。

実際、あなたの人生の半分は、たった1日で書き換えることができます。

もちろん、本質的なことを理解した上で実行する必要が

ありますが、凡人が一気に成功するにはこの方法を使うしか

他にありません。


これは、小手先のテクニックなどではなく、

今の時代の「仕組み」なのです。

オレは、虎視眈々とあなたを「変身」させることを企んでいます。


画像の説明

画像の説明



プライバシーポリシー 特定商取引法に基づく表記

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM